Home » Archive by category "ruby"

ruby while文でコードをループ

while文でコードをループ イメージ図 rubyのwhile文は、 条件文がtrueであればループし続けます。 条件文がtrueからfalseになるようにコードを書かないと 無限ループに陥ってしまいます。 なので、 w...

ruby if文による条件分岐の方法

rubyによるif文 プログラミングの基礎中の基礎の if文はプログラミングにとって肝になる部分です。 今回は、 if文による条件分岐を駆使した プログラミングをしていきたいとおもいます。 rubyでのif文は下記のよう...

ruby 文字列を出力する方法

どのプログラミング言語でも最初の門は、 Hello!World!という出力をすることだとおもいます。   rubyでの文字列の出力の方法は3つあります。 putsメソッド、printメソッド、pメソッドなどが ...

「Rubyがミニツク」でrubyを学ぶ

Ruby言語の父であるまつもとひろゆきさんによる動画での説明や サンプルコードにより説明などがあり 初心者にもわかりやすいrubyドキュメントになっています。 rubyの条件判断や繰り返しといった 基礎知識もわかりやすく...

ruby-progressbar でゲージメーターで進捗を把握する

ruby-progressbarとは カスタマイズのしやすいテキストプログレスバーライブラリです。 なにが表示できるかというと、パーセンテージ・様々なフォーマットのバー・ 経過時間・および推定残り時間などの表示が可能です...

ruby ハッシュをeachメソッドで一つずつ取り出す

eachメソッドとは ハッシュの中にある要素(キーと値)のすべてを eachメソッドで一つずつ取り出して出力できます。 実際に、eachメソッドでキーと値を取り出していきます 1行目 ハッシュのデータを格納 2行目 キー...

ruby ハッシュオブジェクトでよく使われるメソッド

ハッシュオブジェクトを使うときに、 便利なメソッドを紹介していきたいとおもいます。 keysメソッドでハッシュのキーのみ出力 ハッシュでkeysメソッドを使用して、キーのみを出力していきたいと思います。 keysメソッド...

ruby ハッシュオブジェクトのネストの入りくんだ構造を解説

ハッシュオブジェクトのネスト ハッシュオブジェクトのネスト(入れ子)とは、 ハッシュオブジェクトの値にオブジェクトを指定することを指します。 どういうものかを図で表してみました。 多次元配列のような考え方でもいいかもしれ...