Home » gem » エラーになった時にエラー内容をわかりやすく表示 ruby on rails

エラーになった時にエラー内容をわかりやすく表示 ruby on rails

better_errors とは

Better Errorsは、標準のRailsのエラーページをはるかに優れた、より有用なエラーページで置き換えます。また、Rackの外部でRackミドルウェアとして使用することもできます。

デフォルトの画面では見にくい画面でしたが、

エラー表示画面がユーザーが見やすく、わかりやすい。

特徴

  • 完全なスタックトレース
  • すべてのスタックフレームのソースコード検査(強調表示あり)
  • ローカルおよびインスタンス変数検査
  • スタックフレームごとにライブシェル(REPL)
  • エディタのソース行に直接リンクする
  • HTML以外のリクエストに役立つ情報
  • 明確なエラーの摘発

インストール方法

Gemfileに以下のコードを記載してください。

group :development do
  gem "better_errors"
  gem "binding_of_caller"
end

そして bundle install でインストールして
rails に入れましょう

インストールされれば自動で有効になります。

ではbetter_errorsの詳細の説明をしていきます。

すべてのスタックフレームのソースコード検査(強調表示あり)

例外が発生すると、Better Errorsコンソールが表示されます。アプリケーション内にあるスタックトレースフレームがあれば、それを表示します。

スタックトレースフレームは左側に表示され、現在選択されているフレームは右側で検査されます。

ソースコードの行は、構文強調表示されています。

問題箇所が薄い赤で強調されてますね。

これで一目散にどこかってのが、

わかるので楽ですね。

完全なスタックトレース

左側の別のフレームを選択することで、各実行レベルでコードの状態を検査できます。

アプリケーション内のフレームのみを表示したり、外部の宝石やライブラリに含まれるフレームを含め、すべてのフレームを表示したりすることができます。

関係のあるファイルの表示をしてくれています。

そしてそのファイルのエラーに関る該当コードを表示

ローカルおよびインスタンス変数検査

右側をスクロールすると、選択したフレームに存在するすべてのローカル変数を見ることができます。

ローカル変数に加えて、セッション変数と要求変数がリストされています。

どの変数にどんな値が入ってるかの確認に必要

スタックフレームごとにライブシェル(REPL)

選択したフレームで使用可能な変数や呼び出しメソッドを調べることができます。

エディタのソース行に直接リンクする

表示されているソースコードの最上部には、指定されたファイルへのリンクがあります。このリンクはエディタで開き、特定の行にも表示されます。

ファイルのパスのリンク先をクリックした場合、

デフォルトのエディタで開かれます。

※OSなどの環境によっては開かれない場合もあります。

参考文献

, ,

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。