Home » ruby » rbenv を使用して ruby のバージョンを管理する

rbenv を使用して ruby のバージョンを管理する

ruby のバージョンを場面に合わせて、

変更することができる rbenv のインストール方法と使用方法を解説していきます。

rbenvの依存関係のパッケージがインストールされていない場合パスが通せないので、
インストールしておきます。インストールされているかもしれませんが確認のために。
自身の環境がCentOSですので、yumでインストールします。
debian系はyumの部分をapt-getに変えればインストールできるとおもいます。

sudo yum install -y gcc-6 bzip2 openssl-devel libyaml-devel libffi-devel readline-devel zlib-devel gdbm-devel ncurses-devel bison

 

linux へのインストールの場合

git がインストールされていないと gitコマンドを使用できません

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv  # rbenv インストール
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build # rbenv-build インストール

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile_profile # rbenv にパスを通す
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

$ source ~/.bash_profile
$ rbenv --version
rbenv 1.1.1-2-g615f844

Mac へのインストールの場合

Homebrewでのインストール方法

$ brew update
$ brew install rbenv ruby-build
 
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
 
$ source ~/.bash_profile
$ rbenv --version
rbenv 1.1.1

rbenv コマンド

rbenv で ruby をインストール

rbenv install -l (–list の省略形) で使用可能のバージョンを検索

rbenv install [バージョン] で ruby をインストールできます

$ rbenv install -l  # 使用可能のバージョンを一覧で出力
Available versions:
  ・
  ・
  2.4.0-dev
  2.4.0-preview1
  2.4.0-preview2
  2.4.0-preview3
  2.4.0-rc1
  2.4.0
  2.4.1
  2.5.0-dev
  ・
  ・
$ rbenv install 2.4.1 # ruby-2.4.1 をインストール

使用中の ruby のバージョンを確認

rbenv versions でインストールされている ruby のバージョンを確認する

$ rbenv versions
  system
* 2.4.1 (set by /home/namakemono/.rbenv/version)

左側にアスタリスク(*)がついてるものがカレントディレクトリで使用しているバージョンです。

rbenv version で 使用されているrubyのバージョンを確認

$ rbenv version
2.4.1 (set by /home/namakemono/.rbenv/version)

 

使用したいバージョンを選択

rbenv global で 環境全体のバージョンを指定

$ rbenv global 2.4.1 # バージョンを指定
$ rbenv version # 現在使っている ruby のバージョンを確認
2.4.1 (set by /home/namakemono/.rbenv/version)

ディレクトリ固有の ruby のバージョンを指定

$ cd
$ mkdir hoge && cd $_
$ rbenv local 2.0.0-p481
$ rbenv version
2.0.0-p481 (set by /home/user/hoge/.ruby-version)
$ cd
$ mkdir piyo && cd $_
$ rbenv local 2.1.2
$ rbenv version
2.1.2 (set by /home/user/piyo/.ruby-version)
$ cd
$ mkdir fuga && cd $_
$ rbenv local jruby-1.7.12
$ rbenv version
jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)

上記の設定をした場合は下記のような構成になってます

user     <– global 1.9.3-p547 (set by /home/user/.rbenv/version)
|– hoge <– local  2.0.0-p481 (set by /home/user/hoge/.ruby-version)
|– piyo <– local  2.1.2 (set by /home/user/piyo/.ruby-version)
`– fuga <– local  jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)

子ディレクトリでは親ディレクトリの環境が継承される。

$ cd
$ cd fuga
$ rbenv version
jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)
$ mkdir fugafuga && cd $_
$ rbenv version
jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)
$ mkdir fugafugafuga && cd $_
$ rbenv version
jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)
fuga                 <– jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)
`– fugafuga         <– jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)
`– fugafugafuga <– jruby-1.7.12 (set by /home/user/fuga/.ruby-version)

rbenv と rbenv-build の更新方法

rbenv のバージョンが更新された場合にローカル環境のrbenvを更新する方法

linux での更新方法

$ cd ~/.rbenv
$ git pull
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git pull

Mac での更新方法

$ brew update
$ brew upgrade rbenv ruby-build

windowsを使っている方は下記のサイトを参考にしてください

参考文献

rbenv を利用した Ruby 環境の構築

 

,

Comments

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。